読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Je te veux

♡書き殴り♡

過去に行けたら赤ん坊のヒットラーを殺すべきかってやつ(ほとんど映画の話

小並感 映画

ブログ放置してたら剛可愛いって言ってるだけのブログをツイートしてくれた人いるみたいでw

気付くの遅すぎでどんなツイートされたのかは見れなかったので良く捉えられたのか悪く捉えられたのか解からんがありがとうww

 

その放置していた間にぶんぶぶーん見て記事にする用にメモってたの

ぜーんぶ消えたあああ

 

前回の続きキックアスの記事も忘れてたwww

 

とりあえず赤ん坊のヒットラーの話するね。

 

www.itmedia.co.jp

 

過去に戻ることができ、赤ん坊時代のアドルフ・ヒトラーを殺すことが可能ならば、あなたはそうするか──米紙が読者に投げかけた質問に対し、米国のネットやメディアで議論が起きている。質問には42%が「イエス」と答えた。あなたはどう考えますか?

 

質問したのは米高級紙New York Timesの別冊New York Magazine。「あなたは赤ん坊のヒトラーを殺しますか?」と読者に対し紙面で尋ねたところ、「イエス」が最多だったとはいえ、「ノー」が30%、「分からない」も28%だった。

 

こっわ!

42%がまだ何の罪もない赤さんを殺すって答えたとか怖すぎ。

赤子前にしてよ?こいつ将来ヒットラーになるから殺そうぜって言われて殺せんの?

「ちょっとまって!まだ赤さんだ!まだなんとかなる!話し合おう!」ってなるだろ

メリケンこええええ

 

ただ、この時もう一つひっかかりました。

タイムパラドックス起こるじゃん・・・

ヒットラーを殺しに行く→ヒットラーと言う独裁者がいない世界になる→誰も過去に戻ってヒットラーを殺そうという人がいなくなる

(SFのタイムスリップに関わった人は記憶が残るパターンでも知っているのはその人だけ)

 

「タイムマシーン」って映画思い出した

ある学者が恋人の死から「あの時ああしていれば・・・」ってなって

タイムマシーン作りに没頭し完成させて彼女を救うため過去に行くが

何度戻っても彼女は死んでしまい

運命には逆らえないのか!ってなるんですが

個人的にこれは

彼女の死がきっかけでタイムマシーンを完成させ過去に行ってしまったため

タイムマシーンが存在する=彼女の死は必須

になってるんじゃないかな?って思ったんです。

 

タイムスリップでパラレルワールド作るんじゃない限り(ドラゴンボールのトランクスパターン)

タイムスリップした動機になった過去の出来事は変更できないのでは?と。

 

バックトゥザフューチャーは

1うっかり過去に行く→過去を変えちゃう→現在が変わってる

2未来のビフが過去を変えちゃう→もう一つの<現在が出来る

って感じだった様な・・・

 

2015年10月21日が1985年からマーティたちがやってきた日だった!

matome.naver.jp

 

だから

過去に行くがどうしても殺せない

過去に行って殺してもう一つの現在が出来る

ってだけなんじゃ

 

ただヒトラーを殺したとして、本当に時代は変わるのか?

たった1人の人間で世界を動かした訳じゃない。彼を支持した人たち、従った人たち、その中心にいただけなんじゃないかと。

同じ思想の人が現れるだけなのでは?

 

時代が変わったとして現在は良くなるのか?

生れなかったはずの人間が生まれ、生まれるはずの人間が生まれないかもしれない世界。

経済や国の力関係も。影響が大き過ぎる。

 

人類が決めるには荷が重すぎるんじゃね?

 

サマータイムマシーンブルース」状態になるね。

サマータイムマシーンブルース あらすじ

前日にクーラーのリモコンが壊れてしまい猛暑の中ぐったりしてる部員達の前に突然タイムマシンが出現する。昨日に戻り、クーラーのリモコンを取ってこようと思ったメンバー。しかし、タイムトラベルしたことが面白くなった面々は、過去の世界でフザけたことばかりする。そんな中、過去を変えると今が消えてしまう可能性がある事を知った。慌てた部員たちは自分たちの「今」を消さないために、大急ぎで以前に自分たちが過去でやらかした一連の行動が致命的なことにならないようにリカバリーしようと奮闘する。「昨日」と「今日」だけのタイムトラベル物語。

 

まあ、ヒトラーを赤ん坊のうちに殺してしまおうなんて言っているようでは誰が生きて誰が死んでも人類に平和はない気がするんだが。

 

チャップリン「独裁者」

www.youtube.com

泣いた。

 

映画「プロデューサーズ

ワザとコケさせるために作った「ヒトラーの春」

悪趣味過ぎて皮肉として捉えられ大ウケしてしまうミュージカルシーン。大好き。

www.youtube.com

爆笑した。